長瀞・秋の七草寺巡り(1)

(1)
a0195032_211538.jpg

どうもお休みとお天気がシンクロしませんなぁ・・・orz
昨日の土曜日は横浜港大桟橋へ「にっぽん丸」の入港シーンを撮りに行くつもりでいました。
で、今日は晴れたら御岳山へレンゲショウマを撮影しに行く心づもりにしていたのですが・・・

まぁ、ぼやいていても仕方がありません。
ということで、またまた暫くは過去に撮影した画像をお届けすることに相成ります。

さて、今回は「葛の花」を見ることができる長瀞の「遍照寺」をご紹介します。
葛はマメ科の蔓性多年草で、秋の七草の一つに数えられています。
確かにマメの花によく似ていますね。

撮影地:埼玉県秩父郡長瀞町「遍照寺」
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO400 f/5.6AE(SS1/160秒) +0.7EV 90㎜(144㎜相当)
撮影年月日:2005年8月30日






(2)
a0195032_21221712.jpg

正直に申し上げて、私はこの葛の花の匂いが苦手なんです。
まぁ、好き嫌いがあるかと思いますが、ちょっと癖ががる匂いなんですよね。
と、まぁ、撮影し続けていたら、いきなり驚いたことが・・・

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/200秒) -0.3EV 200㎜(320㎜相当)



(3)
a0195032_2122312.jpg

カマキリ:「(ドキッ!)おみゃー、一体何をしているだにか?」(どこの言葉だ・・・f^^;) ポリポリ)
私:「葛の花を撮っているだによ」
カマキリ:「おみゃーたち人間はお気楽でいいよなぁ」
私:「お気楽ですかねぇ」
カマキリ:「お気楽さね。俺っちは雌とHしたら喰われてしまうだによ」
私:「そ、そぉかぁ・・・(絶句)」
カマキリ:「じゃあな、あばよ」
私:「お達者で~!」

なんて会話が成立したわけでもないんですが・・・(笑)
まぁ、カマを持ち上げていなかったから、友好的だったんでしょうね。
因みに、本来この画像は縦位置でカマキリの頭は下になっていますが、画面構成の関係で横位置にしています。

撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/200秒) 0.0EV 90㎜(144㎜相当)



(4)
a0195032_21224261.jpg

遍照寺はこういったたたずまいで、いわゆる地味な存在です。
道路から入っていく道も狭くて、ちょっと車同士のすれ違いも困難だったような記憶があります。
また、遍照寺の成り立ちというか、そういったものも詳らかではないようです。

撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/60秒) ±0.0EV 20㎜(32㎜相当)



(5)
a0195032_21225252.jpg

お寺には六地蔵が必ずといっていいほどあります。
以下の文章は小学館の「スーパーニッポニカ」と広辞苑から抜粋してまとめたものです。

「地蔵菩薩は悪世において救済活動を行う菩薩です。
菩薩とは大乗仏教では仏陀となるための修行中のもののことをいい、地蔵菩薩は仏陀となることを延期して菩薩状態にとどまり、衆生の苦悩の救済を本願としました。」

「六地蔵とは六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)のそれぞれにあって、衆生の苦悩を救済する地蔵菩薩のことです。
その名称・形像は典籍によって異なりますが、一般には、地獄道を化す金剛願、餓鬼道を化す金剛宝、畜生道を化す金剛悲、修羅道を化す金剛幢、人間道を化す放光、天上を化す預天賀地蔵の総称とされます。
日本では平安中期以来、六地蔵の信仰が盛んになり、六地蔵には、寺院・路傍・墓地などに祀(まつ)られた六体の地蔵や、あるいは地蔵堂に祀られたもの、六か所の寺院や堂に安置されるもの、また各所の地蔵尊のうちから六か所を選んだものなどがあります。」


撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO200 f/3.2AE(SS1/640秒) -0.3EV 200㎜(320㎜相当)



(6)
a0195032_2123245.jpg

この女郎花も秋の七草のひとつです。
そのうちに女郎花のお寺もご紹介することにしましょう。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/250秒) -0.7EV 180㎜(288㎜相当)



(7)
a0195032_21231260.jpg

これはパンパスグラスです。
これは本堂の手前の左側にあって、ひときわ背が高いから目立っていました。
背景でぼけているのはキバナコスモスで、もう満開になっていました。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/1250秒) +0.3EV 200㎜(320㎜相当)



(8)
a0195032_21232213.jpg

この遍照寺でまったりとした時間を過ごしていたら、キバナコスモスにアゲハが飛んできました。
もうまったりなどしてはいられません。
望遠ズームに2倍のテレコンバーターを装着して激写、激写、また激写でした!

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0
撮影データ:ISO400 f/5.6AE(SS1/800秒) -0.3EV 400㎜(640㎜相当)

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/13335441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しーたけ at 2011-08-21 22:25 x
もうすぐ七草寺の季節ですね
恐らくすべてをまわることは無いと思うのですがいくつかは巡る予定です。あとはシュウカイドウですかね
あのピンクのハートがたまりません(^^)
Commented by zeiss1221 at 2011-08-22 12:54
しーたけさんへ

今年は久々に七草寺巡りでもしようかという気に
なりました。
時節柄あまり遠出は出来ませんし、そもそも5年
くらい行っていませんから・・・
おっ、そうだ、シュウカイドウもご無沙汰でした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2011-08-21 21:48 | | Trackback | Comments(2)