高山植物の女王「コマクサ」と・・・

(1)
a0195032_20505795.jpg

お約束どおりに新作を撮りにお出かけしてきました~!
と言いたいところですが、実は先週木曜日に持病の腰痛に見舞われてしまったのです。
どうやら台風がもたらす猛烈な湿気と仕事上の多忙さからくる疲れのダブルパンチが原因だったようです。

で、結果的には約束反故となってしまいました・・・ m(__)mスミマセン
今回はもともと記事にまとめる予定にしていましたコマクサと蝶の写真をお届けします。
訪問日は先日公開しました「野反湖のニッコウキウゲ」と同じです。

この日はニッコウキスゲをメインで撮影していましたが、八間山に咲くコマクサも気にしていました。
ある程度のところでニッコウキスゲに見切りをつけないと、コマクサから露が失われてしまいます。
あくせくと八間山を登って望遠で捉えた画像がこれです。

撮影地:群馬県吾妻郡中之条町六合(くに)「八間山」
撮影機材:キャノンEOS7D EF-S55-250㎜ F4.5~5.6 IS
撮影データ:ISO200 f/9.0AE(SS1/500秒) -0.7EV 250㎜(400㎜相当)
撮影年月日:2010年7月18日(日)




(2)
a0195032_20514754.jpg

今度はアップではなく、広めの範囲を取り込んでみました。
このコマクサも先月公開しました「シラネアオイ」と同じく、地元のボランティアの方々が丹精込めて植えたものです。
今ではかなり株も増え、シラネアオイが終わって野反湖にニッコウキスゲが咲くと同時に開花して私たちの目を楽しませてくれます。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S55-250㎜ F4.5~5.6 IS
撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/500秒) -1.0EV 154㎜(246㎜相当)



(3)
a0195032_20522897.jpg

青空が広がってきていましたので、空に抜くカットも忘れないようにしなければ・・・
うーむ、鳥屋さんでなくとももっと望遠がほしくなってしまうカットですね。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S55-250㎜ F4.5~5.6 IS
撮影データ:ISO200 f/14.0AE(SS1/60秒) -0.7EV 250㎜(400㎜相当・C-PLフィルター使用)



(4)
a0195032_2052552.jpg

反対側を見ると野反湖を見下ろして撮れるポイントがあります。
コマクサが咲く場所で、このような贅沢な撮影が出来るのも八間山くらいのものでしょう。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S18-55㎜ F3.5~5.6 IS
撮影データ:ISO200 f/14.0AE(SS1/125秒) -0.7EV 18㎜(29㎜相当・C-PLフィルター使用)



(5)
a0195032_20524082.jpg

さて、コマクサの撮影を終えて、再び野反湖の畔まで戻ってきました。
これはイブキノトラノオに止まっているつぶらな瞳のイチモンジセセリ君です。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S55-250㎜ F4.5~5.6 IS
撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/1000秒) -0.7EV 250㎜(400㎜相当)



(6)
a0195032_20525166.jpg

えーと、こちらは何だったけなぁ?
よく見かけるんですけれどね・・・あっ、そうそう、ツマグロヒョウモンでしょうね。
まぁ、少なくともタテハ系の蝶であることには間違いありません。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S55-250㎜ F4.5~5.6 IS
撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/1250秒) -0.7EV 250㎜(400㎜相当)


しばらくは腰痛の治療に専念したいと思っています。
まぁ、仕事を休むわけにはいかないので、今週は早めに帰るようにしましょう。
無理をしないのが一番ですから。
[PR]
by zeiss1221 | 2011-07-24 21:16 |