サクラソウ(彩の国・田島ヶ原にて)

(1)
a0195032_1935531.jpg

二年ぶりにさいたま市にある田島ヶ原のサクラソウを見に行って来ました。
かなり土壌が乾いてしまっているせいか、個体数は年々減りつつあるようです。
でも、地元のボランティアの方々の努力で私たちは毎年鑑賞することが出来るんですよね。

今回は久しぶりにマクロレンズを持ち出して、気合を入れて撮ってみました。
マクロ撮影って・・・orzな恰好で撮りますし、シャッターを押す前は息を止めるため血圧が・・・(笑)
ほぼ等倍の撮影ですが、APS-Cサイズの撮像素子を持つカメラでは1.6倍相当の倍率になります。

撮影地:埼玉県さいたま市田島ヶ原「さくら草自生地」(共通)
撮影機材:キャノンEOS7D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/2000秒) 0.0EV 90㎜(144㎜相当)
撮影年月日:2011年4月15日(土)






(2)
a0195032_19434749.jpg

ここがサクラソウ自生地の入り口で、駐車場から歩いてもすぐのところにあります。
国指定特別天然記念物となっており、柵とワイヤーロープで散策路と自生地が区分けされています。

今日は最初に川越市伊佐沼近くのレンゲソウを見に行ったのですが、今年は全然ダメでした。
作付していないのか、いつもの場所には全くその影は見当たりませんでした。
その後に田島ヶ原のサクラソウを見に行くつもりでいましたので、予定が早まったようなものですね。

撮影機材:SONY Cyber-shot DSC-HX5V(共通)
撮影データ:ISO125 プログラムAE(SS1/500秒 f/8.0) -1.7EV 25㎜相当



(3)
a0195032_1950590.jpg

ちょうど↑の反対側から入り口方面を眺めたところです。
今日は幸いにもお天気に恵まれ、気温も何と27℃の夏日となりました。
文字通り汗をかきながらの撮影になってしまったのは言うまでもありません(汗)

撮影機材:CANON EOS7D TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF]+C-PLフィルター
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/60秒) 0.0EV 17㎜(27㎜相当)



(4)
a0195032_19574673.jpg

縦位置で背景にノウルシを持ってきての撮影です。
昼間ですからトップライト気味の光線ながらも、透過光もあってなかなかいい描写になったと思います。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70~200㎜ F/4.0L IS USM+C-PLフィルター
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/250秒) 0.0EV 155㎜(248㎜相当)



(5)
a0195032_2011167.jpg

比較的密集して咲いている場所を選び、画面中央はノウルシで構成してみました。
このノウルシも絶滅危惧種に指定されている貴重な植物です。
ノウルシという名前は、傷つけると出てくる白い液に触れるとかぶれることからつけられました。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70~200㎜ F/4.0L IS USM+C-PLフィルター
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/25秒) 0.0EV 144㎜(230㎜相当)



(6)
a0195032_2041776.jpg

そのノウルシをマクロレンズでぐぐっと寄ってみました。
背後の濃いピンク色はサクラソウの花です。

撮影機材:キャノンEOS7D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/250秒) 0.0EV 90㎜(144㎜相当)



(7)
a0195032_206714.jpg

せっかく青空が広がっているのですから、一緒に取り込んでみましょう。
ということで、またorzな恰好で撮っていますが、今度は縦位置ですから腰にちと悪い・・・
おまけに頬はほぼ地面にくっついているような感じですが、一応レジャーシートは持ってきていましたから泥だらけにはならずに済みました(笑)

因みに、サクラソウの足元に写っている小さな白い花はツボスミレです。

撮影機材:CANON EOS7D TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF]+C-PLフィルター
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/60秒) 0.0EV 35㎜(56㎜相当)



(8)
a0195032_2012185.jpg

そのツボスミレをアップで狙っていました。
ツボスミレはニョイスミレ(如意菫)という別名をもつ多年草で、唇弁には紫の筋があるのが特徴です。
坪は,庭の意味だと言われていますが、別名のニョイ(如意)は坊さんの持ち物で葉の形が似ているそうです。

撮影機材:キャノンEOS7D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 f/9.0AE(SS1/80秒) 0.0EV 90㎜(144㎜相当)



(9)
a0195032_20171755.jpg

↑のツボスミレも白い花ですが、ここには一株だけサクラソウの白花が咲いています。
気がつきにくい場所にありますから、見たい方はボランティアのガイドさんに尋ねるといいでしょう。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70~200㎜ F/4.0L IS USM+C-PLフィルター
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/500秒) 0.0EV 192㎜(307㎜相当)



(10)
a0195032_20195287.jpg

「散策路の柵とワイヤーが邪魔だなぁ」なんて思ったら、ここではなかなか変化のある写真は撮れません。
そこは割り切って、柵とワイヤーもある意味で積極的に取り込んでみるのも一つの手です。
中央に配置することで画面をあえて二分割し、下半分はサクラソウとノウルシ、上半分は木々で構成してみました。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70~200㎜ F/4.0L IS USM+C-PLフィルター
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/25秒) 0.0EV 173㎜(277㎜相当)



(11)
a0195032_20235736.jpg

このサクラソウ自生地は広くて、園内にはいろいろな木々や草花があります。
写真を撮るだけでなく、花や木の名前を覚えるのも楽しいものですよ。
明日もいいお天気に恵まれるようですからお出かけしてみてはいかがでしょうか?

撮影機材:キャノンEOS7D EF70~200㎜ F/4.0L IS USM+C-PLフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/60秒) 0.0EV 70㎜(112㎜相当)

[PR]
by zeiss1221 | 2011-04-16 20:26 |