花筏~宴のあとは・・・~

(1)
a0195032_2112063.jpg

桜は散り際も美しく、いわゆる花吹雪が舞います。
そして、その後は地面に降った花びらは「花筵」となり、水面に浮かんだ花は「花筏」となります。
ここ江戸川公園のソメイヨシノの花びらは、このようにその殆どが「花筏」となって神田川を流れていきます。

撮影地:東京都文京区関口「江戸川公園」(共通)
撮影機材:SONY Cyber-shot DSC-HX5V(共通)
撮影データ:ISO125 プログラムAE(SS1/250秒 f/13.0) -2.0EV 250㎜相当
撮影年月日:2011年4月13日(水)






(2)
a0195032_21124429.jpg

無数の花びらの集まりのように見えますが、よく見ると適度にばらけています。
まるで筏のように流れていく様は優雅にも思えてしまいます。

撮影データ:ISO125 プログラムAE(SS1/250秒 f/13.0) -2.0EV 250㎜相当


(3)
a0195032_21125725.jpg

川の流れが真っ直ぐなところでは、まるで夜空にかかる天の川のようにも見えてしまいます。
と言ったらオーバーでしょうか?
実際にこの目で見たらそのように思えてしまいました。

撮影データ:ISO125 プログラムAE(SS1/200秒 f/9.0) -2.0EV 41㎜相当


(4)
a0195032_2113985.jpg

ちょうど花吹雪が舞い始めましたが、こうして写真にすると案外目立たないものです。
肉眼ではしっかりと大量に待っている姿が確認できたのですが・・・

撮影データ:ISO125 プログラムAE(SS1/160秒 f/11.0) -2.0EV 190㎜相当


(5)
a0195032_21132082.jpg

さて、桜の花もいよいよ八重桜へとバトンタッチする頃となりました。
一重ではなく八重に咲く花もなかなかいいものですね。
そして、花筏はゆっくりと下流へと流れていきます。

撮影データ:ISO125 プログラムAE(SS1/125秒 f/11.0) -2.0EV 120㎜相当
[PR]
by zeiss1221 | 2011-04-13 21:25 |