春を待つ-福寿草-

(1)
a0195032_2038996.jpg

この日が来ることを長らく待ちわびていました。
雪の間から顔を出した福寿草の可憐な姿を見たかったんですよね。
飛び石連休となったこの週末ですが、全国的に雪模様となったため密かに狙っていました。

幸いなことに、日曜日である今日になって申し分のないお天気に恵まれたではありませんか。
スタッドレスタイヤを履いた四輪駆動車に乗る友人と一緒に出掛けて、この念願の姿を見ることができました。
春を待つ福寿草の姿に暫し撮影を忘れて見とれていましたが、暖かい陽射しに雪がどんどん融けてきたためのんびりともしていられません。

撮影地:埼玉県秩父郡小鹿野町両神「四阿屋山」周辺(共通)
撮影機材:CANON EOS7D TAMRON AF18-270㎜ f/3.5-6.3 DIⅡ VC PZD(10枚目以降を除いて共通)
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/200秒) +0.3EV 270㎜(432㎜相当)
撮影年月日:2011年2月13日(日)







(2)
a0195032_2050150.jpg

せっかくの青空が広がっているのですから、空も入れてみたくなりますよね?
ちょうど一輪の福寿草が顔だけ出しているところを見つけました。
絞りは開放を選びましたが、この高倍率ズームはボケ味も素直なようです。

撮影データ:ISO100 f/6.3AE(SS1/640秒) +0.3EV 270㎜(432㎜相当)


(3)
a0195032_2054594.jpg

この両神四阿屋山(りょうかみあずまやさん)は蝋梅園もあって、ちょうど福寿草と絡めることもできます。
蝋梅と福寿草の黄色と雪の白・・・至福の時でしたね。

撮影データ:ISO100 f/16.0AE(SS1/160秒) +0.3EV 92㎜(147㎜相当)


(4)
a0195032_20584170.jpg

気温が上がって雪が融けるとともに、雪に埋もれていた多くの福寿草が姿を現してきました。

撮影データ:ISO100 f/14.0AE(SS1/125秒) +0.3EV 270㎜(432㎜相当)


(5)
a0195032_2103370.jpg

これだけお天気がいいと、C-PLフィルターを使わなくとも綺麗な青空が描写されます。

撮影データ:ISO100 f/13.0AE(SS1/160秒) 0.0EV 270㎜(432㎜相当)


(6)
a0195032_2123947.jpg

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/500秒) 0.0EV 270㎜(432㎜相当)


(7)
a0195032_2133298.jpg

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/320秒) +0.3EV 270㎜(432㎜相当)


(8)
a0195032_2143683.jpg

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/200秒) 0.0EV 219㎜(350㎜相当)


(9)
a0195032_216752.jpg

実は、当初はこのカットをトップ画像にしようかと考えていました。
雪があまり融けないうちに縦位置で撮っておけば文句なしにそうしたことでしょう。

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/400秒) 0.0EV 270㎜(432㎜相当)


(10)
a0195032_2182149.jpg

さて、この四阿屋山の福寿草群生地ですが、両神支所(旧両神村役場)を右手にやり過ごして、法養寺薬師堂の手前を右折して坂を登っていきます。
今日は途中から凍結路となっていたため、この時期は要注意です。
やがて道は行き止まり(住民の方のみ通行可)となって、駐車場から歩くことになります。


(11)
a0195032_21113295.jpg

入り口から600Mほど歩けば園地に到着します。


(12)
a0195032_2112687.jpg

園地からは秩父のシンボルである武甲山の姿を眺めることもできます。
蝋梅はちょうど満開でしたが、福寿草はまだまだ長い間楽しめそうです。

この四阿屋山の福寿草園地を訪れる際は、凍結路に充分に注意するようにしましょう。
もし夏タイヤでしたら、迷わず手前にある菖蒲園の駐車場に車を置いて歩いて行った方が無難です。
どうか道中ご安全に!
[PR]
by zeiss1221 | 2011-02-13 21:15 |